Xserverが今なら最大50%OFF! 2022年11月25日(金)12:00まで

お名前.comへのドメイン移管は止めておけ!致命的なデメリットあり

  • URLをコピーしました!

この記事は約3分で読めます。
本文は約1525文字です

この記事を書いた人

国内のあらゆるレンタルサーバーを使用、管理した経験があります。サーバー選びからWordpressを使ったサイト運営まで丸っとお任せください。あなた様のご希望にそった本当に使える最適なサーバーをご紹介します。

お名前.comはXserver系(XserverおよびXserver Domain)からのドメイン移管無料キャンペーンをしています。

このドメイン移管キャンペーンに乗せられて、お名前.comに移管してしまうと損します。

記事の内容

お名前.comはWhois情報公開代理が有料です(例外あり)

Whois情報公開代行1ドメインにつき 1,078円/年(税込)

お名前.comは、新規ドメイン取得の場合はWhois情報公開代行は無料ですが、それ以外の場合は年額の費用がかかります。

  • 新規ドメイン取得時にWhois情報公開代行を有効化せずに、その後に有効化する場合は有料
  • ドメイン移管されてきたドメインについてもWhois情報公開代行を有効化する場合は有料

ドメイン移管時はWhois情報公開代理を無効にする必要あり

国内のドメイン事業者の場合、Whois情報公開代行のままだとドメイン移管はできません。

ドメイン移管時は、Whois情報公開代行を無効にしてからドメイン移管します。

引き続き、ドメイン移管先でもWhois情報公開代行を有効にする場合は、移管先で再度有効化する必要があります。

お名前.comのドメイン移管キャンペーンはお得ではない

移管したドメインはWhois情報が公開された状態で移管されます。

お名前.comに移管したドメインを再度、Whois情報公開代理を有効にする場合は有料になってしまいます。

Whois情報公開代理は毎年課金で実質コスト増になる

Whois情報公開代理は1度きりの課金ではなく、年額で毎年課金されます。

ドメイン更新料の他にWhois情報公開代行料金も掛かるようになります。

移管費用無料+更新料2年無料というドメイン移管キャンペーンを見て、他のドメイン事業者からドメイン移管を行ってしまうと、Whois情報公開代理の料金が毎年掛かるようになります。

そうなってしまうと、お名前.comに移管したドメインのランニングコストは、他のドメイン事業者よりも圧倒的にコスパが悪くなります。

他のドメイン事業者への移管はすぐには出来ない

ドメイン移管は次にドメイン移管するまで60日間の縛りがありますので、お名前.comからすぐに再度別のドメイン事業者へ移管することもできません。

ドメイン登録、前回の移管申請から60日経過していない不正な移管を防ぐため、不受理とします。60日経過後に移管申請を行ってください。
https://help.onamae.com/answer/8577

再度移管が出来るタイミングまで、Whois情報公開代理を有効化せずに個人情報を晒しておくか、耐えられなければ料金を支払ってWhois情報公開代理を有効化する必要があります。

まとめ

お名前.comのドメイン移管キャンペーンの裏にはこのような罠があったのです。

お名前.comにドメイン移管するのであれば、同じGMO系列のValue Domainの方がおススメです。

Value Domainもお名前.comと同じ条件(Xserver系からの移管のみ対象)でキャンペーンを行っております。

ただし、移管費用は無料ですが、更新期間の2年延長はありません。

Value DomainはWhois情報公開代理は無料です。

Xserver系からドメイン移管を検討しているのであれば、お名前.comは絶対に選んではいけません。

Value Domainにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

記事が参考なったらシェア!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

国内のあらゆるレンタルサーバーを使用、管理した経験があります。サーバー選びからWordpressを使ったサイト運営まで丸っとお任せください。あなた様のご希望にそった本当に使える最適なサーバーをご紹介します。

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

記事の内容