お問い合わせ

『お名前.comのネームサーバーを使う』はいつ使う?便利な使い方を紹介

  • URLをコピーしました!

この記事は約6分で読めます。
本文は約3670文字です

お名前.comでドメイン取得をする人は多いと思います。お名前.comはシェアNo1ですので、利用者も多いはずです。

お名前.comは残念なことにサイト使いにくさで悪評が高いのですが、実は結構多機能です。よくわからなくて活用されていない機能もあります。

その一つが、今回取り上げるネームサーバー設定にある『お名前.comのネームサーバーを使う』だと思います。

通常レンタルサーバー指定のネームサーバーを使うので、『お名前.comのネームサーバーを使う』を選択することはありません。

では『お名前.comのネームサーバーを使う』はどんな場面で使う必要があるのでしょうか?

この記事では『お名前.comのネームサーバーを使う』の使い方についてご説明します。

  • お名前.comのネームサーバーを使う』は何か?
  • お名前.comのネームサーバーを使う』はどんな時に使うべきか?
  • 他のドメイン管理業者にも同じ機能はあるのか?
記事の内容

お名前.comのネームサーバーとは何か?

お名前.comでは、お名前.comユーザー向けのDSNサーバー(ネームサーバー)を提供しています。

選択肢利用用途ネームサーバー情報
お名前.comの
ネームサーバーを使う
ご自身でDNSレコード設定を行う場合01.dnsv.jp
02.dnsv.jp
03.dnsv.jp
04.dnsv.jp

DSNサーバー(ネームサーバー)とは?

DSNサーバー(ネームサーバー)は、『ドメイン名』と『IPアドレス』の対応付けをインターネットに公開するサーバーのことです。

お名前.com提供のDNSレコード設定とは?

お名前.comが提供しているネームサーバー(DNSサーバー)はレンタルサーバー会社と関係がありません。

お名前.com提供のDNSレコード設定とは?
お名前.comにて提供しているDNSサーバー(01.dnsv.jp~04.dnsv.jp)へ、独自のレコード情報(ゾーンファイル)を設定することが可能なサービスです。

https://help.onamae.com/answer/7875

DSNサーバー(ネームサーバー)を使うには?

ネームサーバーを指定する(ドメイン管理画面)

通常、ネームサーバーはレンタルサーバー会社が用意しているものを利用しますが、お名前.comのネームサーバーを指定します。

お名前.comのネームサーバーを使う』はそのためのものです。

ドメインをサーバーに追加する(サーバー管理画面)

ご利用のレンタルサーバーの管理画面でドメインをレンタルサーバーに割り当てます。

DNSレコードを設定する(ドメイン管理画面)

お名前.comのネームサーバーの『利用用途』にもあるように、自分でDNSレコード設定しないとネームサーバーを使用することができません。

なぜなら、お名前.comのネームサーバーのDNSレコードには、ご利用のレンタルサーバーの情報が入っていないためです。

通常は、ドメインをレンタルサーバーに割り当てると、レンタルサーバーのネームサーバーのDNSレコードに必要な情報が自動的に設定されますが、その作業を自分で行う必要があります。

『お名前.comのネームサーバーを使う』場面は?

  1. ご利用のサーバーがネームサーバーを用意していない
  2. ご利用のサーバーのDNSレコードを自由に変更できない
  3. サーバー移転などでDNSレコードを引っ越すのが面倒

①サーバーがネームサーバーを用意していない

通常のレンタルサーバーではネームサーバーが用意されていないことはありませんが、VPSや自宅サーバーなどではネームサーバーを自分で用意しなければならないことがあります。

そのようなときに、ネームサーバーを自分で用意するのは結構大変なので、ドメイン管理会社のネームサーバーを使います。お名前.comのネームサーバーを使うと、ネームサーバーを準備する必要もなくなり、ネームサーバーの安定性もお名前.comが保証してくれます。

②ご利用のサーバーのDNSレコードを自由に変更できない

法人向けのレンタルサーバーや低価格なレンタルサーバーでは、DNSレコードが編集できないことがあります

DNSレコードを編集したい場面は法人などでは多いと思います。

そのような時には、お名前.comのレンタルサーバーに現在のDNSレコードを移した後、お名前.comにネームサーバーを切り替えれば、DNSレコードを自由に変更できるようになります。

例えば、DNSレコードを編集したい場面は次のような時が考えられます。

  • 他のサービスでもそのドメインを使う
  • メールだけ別サーバーで運用する
  • TXTレコードでSSLやGoogleの認証コードを追加する
  • 迷惑メール対策でSPFレコードなどを追加

③サーバー移転などでDNSレコードを引っ越すのが面倒

サーバー移転時には移転前のDNSレコードは移転先のDNSレコードに移りません。

DNSレコードはネームサーバーと紐づいていますので、ネームサーバーを変更してしまうと違うDNSレコードになるためです。

常にDNSレコードを追加・編集して使用しているケースでは、サーバー移転するたびにDNSレコードを移転先のDNSレコードに移す必要があり、DNSレコードの編集はサイト表示に影響がでる変更ですので神経を使います。

それを避けるにはサーバーとネームサーバーの紐づけを最初から無くせば良いので、サーバーとは独立したネームサーバーを利用してDNSレコードを管理していれば、サーバー移転時もDNSレコードは移転前と同じ状態を保てます。

『お名前.comのネームサーバーを使う』デメリットは?

ドメイン移管するとサイトが表示されなくなる

ドメイン移管後サイトが表示されなくなる原因

お名前.comでお名前.comのネームサーバーを使った状態で、ドメイン移管を行うと、ネームサーバーからDNSレコードが削除されます。

つまり、移管すると名前解決できなくなりますので、サイトが表示できなくなります。

これは知らないと結構焦りますよ。

ドメイン移管後の対処方法

ドメイン移管が終わり、サイトが表示できなくなった場合には、次のいずれかの方法で対処します。

  • ドメイン移管先のレジストラでもう一度ネームサーバーにDNSレコードを再設定する。
  • レンタルサーバー側のネームサーバーを使用する

ドメインレジストラのネームサーバーを使っている場合は、ドメイン移管を軽々しく行うとサイトが表示できなくなります。

お名前.com以外にネームサーバーを提供しているドメイン管理会社は?

お名前.com以外にもドメイン管理会社がネームサーバーを提供しているケースはあります。

  • お名前.com
  • ムームードメイン
  • Value Domain
  • Cludflare

これらのサービスでは、独自のネームサーバーを提供し、ドメイン管理画面からDNSレコードを編集できるようになっています。

海外のドメインレジストラではネームサーバーを提供しているのがスタンダードです。

まとめ

ドメイン管理会社のネームサーバーのDNSレコードを現在使用しているレンタルサーバーのDNSレコードと全く同じにすれば、ネームサーバーを切り替えても問題は起きません。

逆に言えば、現在使用しているレンタルサーバーのDNSレコードの設定内容がわからない場合には、他のネームサーバーに切り替えるのは危険です。

ドメイン管理会社のネームサーバーは無料で使えますので、ご自身である程度DNSレコードの知識がある方は是非チャレンジしてみてください。

よくある質問

お名前.comのネームサーバーを使う』は何か?

お名前.comが用意しているネームサーバーのことで、レンタルサーバーの情報をDNSレコードに設定して使用する

お名前.comのネームサーバーを使う』はどんな時に使うべきか?
  • レンタルサーバーのDNSレコードが編集できない時にDNSレコードを編集できるようにする
  • DNSレコードを編集して使用している時にサーバー移転などでDNSレコードを移転する手間を省く
  • ご利用のサーバーにネームサーバーが用意されていない時
他のドメイン管理業者にも同じ機能はあるのか?

国内の有名なドメイン管理業者には同じ機能がある。海外のドメインレジストラでも大手であれば同じ機能がある。

  • お名前.com
  • ムームードメイン
  • Value Domain
  • Cludflare
記事が参考なったらシェア!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

国内のあらゆるレンタルサーバーを使用、管理した経験があります。サーバー選びからWordpressを使ったサイト運営まで丸っとお任せください。あなた様のご希望にそった本当に使える最適なサーバーをご紹介します。

コメント

コメントする

記事の内容