Xserverが今なら最大50%OFF! 2022年11月25日(金)12:00まで

htaccessを編集せずにWordPressサイトをhttpsに統一できるプラグインの定番は?

この記事は約2分で読めます。
本文は約1195文字です

WordPressサイトで煩わしいのが、http⇒httpsへのリダイレクトがされないことです。

WordPressのダッシュボード経由で設定⇒一般と進んで『Wordpressアドレス』『サイトアドレス』にhttpsを指定しても、httpでもhttpsのどちらでもサイトが表示できてしまいます。

.htaccessに一度設定してしまえば、その後は気にする必要がないのですが、いちいち.htaccessを編集するのも避けたいものです。

もちろん、Wordpressには、httpsに統一するプラグインも存在しています。

でも、そういうプラグインは機能が少なすぎてプラグインを追加するほどでもないのです。

正直追加したくありません。

この記事では、Redirectionというリダイレクト機能を持つ、有名なプラグインを使って、http⇒httpsに統一する簡単な方法をお伝えします。

なぜRedirectionを使うのか?

Redirectionは、リダイレクトなどの処理をhtaccessを介さずに追加できる優れたプラグインです。
404ログなどもあって、入れておいた方が良いプラグインの一つです。

少なくとも私は、https統一のためだけにプラグインを追加したくないです。

Redirectionプラグインにはhttps統一の機能がある

あまり知られていないですが、RedirectionにはURLの正規化の機能が一通りあります。

その中の一つに、https統一があります。

ただし、場所がわかりにくい。

ダッシュボードのサイドバーにある『ツール』⇒サイト⇒カノニカル設定と進みます。

そこに、
☑ HTTP から HTTPS へのリダイレクトを強制
というチェックボックスがあります。

こちらをチェックすることで、httpsに統一されます。

プラグインでhttps統一を行うリスクは?

プラグインでhttps統一を行うと、プラグインが有効になるとhttpsに強制されてしまうことです。

SSL化を実施していない段階で、プラグインを有効化してしまうとエラーになって最悪管理画面にログインできなくなります。

その場合は、一度 FTPなどで、pluginディレクトリからRedirectionプラグインを削除すればログインできるようになります。

また、再度プラグインをインストールすれば設定も戻ります。

まとめ

wwwの有り無しは、wordpressがリダイレクトしてくれます。

でも、https統一はwordpressはしてくれません。

.htaccessに記述を追加するのが面倒な場合におススメのプラグインは、Redirectionです。

参考なったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サーバーソムリエのアバター サーバーソムリエ レンタルサーバー鑑定士

国内のあらゆるレンタルサーバーを使用、管理した経験があります。サーバー選びからWordpressを使ったサイト運営まで丸っとお任せください。あなた様のご希望にそった本当に使える最適なサーバーをご紹介します。

コメントを閉じる

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

この記事の内容