Xserverが今なら最大50%OFF! 2022年11月25日(金)12:00まで

All in One WP Migrationのパーミッションエラーが出た時の解決方法

この記事は約2分で読めます。
本文は約1456文字です

All in One WP Migrationはサーバー移転やバックアップに便利なプラグインです。

このプラグインをインストールしたサイトをサーバー移転した後で、ダッシュボードに奇妙なエラーが出るようになったことがありました。

その内容は、『ai1wm-backupsが作成できないので自分で作成してパーミッションを0777にしなさい』というような内容のメッセージでした。

wp-contentのパーミッションが不足している

ai1wm-backupsが作成されるのは、wp-contentの直下です。

WordPressがwp-contentに書き込み権限が無い場合に今回のようなメッセージが表示されます。

wp-conentのパーミッションを確認して、書き込み権限が誰に与えられているのか確認します。

WordPressがwp-contentに書き込み権限が無い場合、All in ONE WP Migration以外のプラグインでも広範囲に問題が起きるはずです。

ひとまず、wp-contentのパーミッションを777に変更してみます。

それで解決するはずですが、それで解決しない場合は、次に進みます。

wp-contentのパーミッションを変更しても問題が解決しない場合

All in One WP MigrationはDBにai1wm-backupsを作成するパスを記録しています。

そのパスに、ai1wm-backupsを作成しようとしてエラーのメッセージを表示しているはずです。

ai1wm-backupsを作成しようとしているパスが自分のサーバーのものであるのか確認しましょう。

もし、身に覚えのないサーバーのパスである場合、移転などの影響で他のサーバーのパスがDB内部に記録されたままになっています。

一度、All in One WP Migirationを削除して、再度インストールすることで問題が解消します。

なぜ、他のサーバーのwp-contentのパスにai1wm-backupsを作ろうとするのか?

All in One WP Migrationはサーバー移転のプラグインです。

サーバー移転時にAll in One WP Migirationを使う場合は、移転元と移転先にそれぞれAll in One WP Migrationをインストールします。

All in One WP Migirationを使ってサーバー移転する場合は、今回のように移転元のwp-contentのパスがDBに残ってしまうことはありません。

All in One WP Migirationをインストールしたサイトを、All in One WP Migrationを使わずにサーバーを移転すると、DB内部に移転元のwp-contentのパスが残ってしまうようです。

まとめ

この記事では、All in One WP Migrationを使わずに、All in One WP Migrationをインストールしたサイトを移転すると、移転後にai1wm-backupsが作成できないというエラーが出ることがあるという内容でした。

もしそのようなエラーになった場合は、All in One WP Migirationを一度削除して、再インストールすることでエラーが解消します。

参考なったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

サーバーソムリエのアバター サーバーソムリエ レンタルサーバー鑑定士

国内のあらゆるレンタルサーバーを使用、管理した経験があります。サーバー選びからWordpressを使ったサイト運営まで丸っとお任せください。あなた様のご希望にそった本当に使える最適なサーバーをご紹介します。

コメントを閉じる

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

この記事の内容