Xserverが今なら最大50%OFF! 2022年11月25日(金)12:00まで

Xserverの500エラーが発生、その意外な原因とは?

この記事は約2分で読めます。
本文は約1495文字です

XserverにあるWordpressサイトが500エラーになったという相談を受けました。

そのサイトはメールをロリポップで運用していたため、DNSレコードのAレコードだけXserverに向けているとのことでした。

500エラーになる原因は多くの場合、.htaccessに起因しています。

今回もそこに注目して調べたのですが、どうしても原因がわかりませんでした。

この記事では、500エラーになったサーバーの原因や調べ方についてまとめておきます。

Xserverの500エラー発生時のブラウザの表示

Xserverで500エラーが発生した場合、画面は青い背景の以下の表示になります。

もしこれ以外の500エラーの画面になった場合は、Xserverのサイトではない可能性が高いです。

WordPressサイトの500エラーの原因は.htaccessの可能性高い

WordPressサイトで500エラーになるのは何らかの要因で.htaccessが書き換えられている可能性が高いです。

まずは、.htaccessをリネームしてサイトが表示できるか確認します。

それで表示できるのであれば、.htaccessに原因があるので、記述内容をコメントアウトしながら原因を探ります。

php.iniなどの設定ファイル

他のサーバーからサイト移転してきたときなど、サーバーの設定ファイルをそのまま持ってくると、そのファイルが原因で500エラーになることがあります。

ドットファイルやiniファイルなどそのサーバーで通常使わないようなファイルがあれば、そのファイルをリネームして、影響の有無を確認します。

多くの場合、それらの設定ファイルは不要なことがほとんどです。

エラーログファイルを確認する

500エラーなどサーバーのエラーはエラーログファイルに記録されます。

色々調べても原因がわからない時は、エラーログファイルを見てエラーが出ていないか確認します。

エラーが出ているのであれば、その原因を修正します。

極まれに、500エラーになってもエラーログファイルに記録されないケースもあります。

今回のXserverの500エラーはこのケースでした。

500エラーになっていたのはXserverのサイトではなかった

Xserverにあるサイトを表示しようとして500エラーになっていると思いこんでいたのですが、実はそうではありませんでした。

早い段階で気が付けばよかったのですが、AレコードのIPアドレスがXserverのものではありませんでした。

ネームサーバーがXserverに向いていません。

他のサーバーで500エラーが発生しているのですから、Xserverのエラーログに500エラーが記録されないのは当たり前です。

hostsファイルでXserverのIPアドレスに名前解決してあげると500エラーはなくなり、Xserverのサイトは500エラーは発生していませんでした。

まとめ

500エラーが発生して原因がわからない時は、エラーログを確認します。

エラーログにエラーが出ていない場合は、そもそもそのサーバーのサイトで500エラーが起きていない可能性を考えましょう。

その時に接続しているサイトのIPアドレスを確認し、別のサーバーに接続している場合は、ネームサーバーやDNSレコードの設定を疑いましょう。

参考なったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サーバーソムリエのアバター サーバーソムリエ レンタルサーバー鑑定士

国内のあらゆるレンタルサーバーを使用、管理した経験があります。サーバー選びからWordpressを使ったサイト運営まで丸っとお任せください。あなた様のご希望にそった本当に使える最適なサーバーをご紹介します。

コメントを閉じる

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

この記事の内容