Xserverが今なら最大50%OFF! 2022年11月25日(金)12:00まで

ロリポップで500エラー、原因はPHPのバージョンだった

この記事は約2分で読めます。
本文は約994文字です

ロリポップで運用していたサイトがある日突然、500エラーになりました。

サイトもサーバーも特に何も変更していないにもかかわらずです。

この記事ではロリポップで500エラーが出た時の原因と対策、ロリポップを利用する危険性についても書かれています。

ロリポップは500エラーが出ると解析できない

ロリポップには500エラーになった時にユーザーが解析する手段が用意されていません。

本当に原因がわからない場合はサポートに連絡する仕組みになっています。

ロリポップサーバーにログインしてみると・・

ロリポップサーバーにログインし、状況を確認したところ、PHPのバージョンが全てPHP8に変更されていました。

新規に追加したサイトではないのに、全てのサイトがPHP8になっています。

PHP8が無い時代のサイトですので、PHP8にはもちろん対応していませんでした。

PHP7.4に戻すことでサイトが正常に表示されるようになりました。

なぜ一律PHP8に変更されたのか?

ロリポップは、今後サポートしないPHPバージョンを適用していたサイトは一律PHP8に変更したようです。

その影響でサイトが表示されなくなりました。

公式サイトを見ても、そのようなお知らせは見当たらないのですが、PHP8を標準サポートしたWordpress6.4がリリースされたタイミングで今回のような暴挙を行ったと考えられます。

ロリポップは長期的にサイト運用するにはリスクがある

さくらサーバーやXserverなどは古いPHPを使い続けることができますが、ロリポップはPHP7.4とPHP8.xしか選択できなくなりました。

古くからロリポップを利用していて、メンテナンスしていないサイトは強制的にPHP8に変更されたことによって500エラーになったサイトは少なくないと思います。

ロリポップは500エラーになった時の解析の手段が提供されていないのも問題ですが、勝手にPHPのバージョンを変更するのはいかがなものかと思います。

ロリポップはムームードメインで管理している独自ドメインを使っていないと、DNSレコードを変更できない制限もあります。

ロリポップは長く利用するには不安のあるサービスだと思いました。

参考なったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サーバーソムリエのアバター サーバーソムリエ レンタルサーバー鑑定士

国内のあらゆるレンタルサーバーを使用、管理した経験があります。サーバー選びからWordpressを使ったサイト運営まで丸っとお任せください。あなた様のご希望にそった本当に使える最適なサーバーをご紹介します。

コメントを閉じる

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

この記事の内容