Xserverが今なら最大50%OFF! 2022年11月25日(金)12:00まで

オンラインツールでDNSレコードを確認する方法

この記事は約2分で読めます。
本文は約1136文字です

レンタルサーバーを利用していると、必ず設定されているのがDNSレコードです。

DNSレコードはレンタルサーバーのコントロールパネルから確認できる場合が多いですが、オンラインツールを使っても確認することができます。

この記事の内容

DNS lookupツールを使う

nslookupコマンドを使う

nslookupコマンドを使うと、ドメイン名からDNSレコードを確認することができます。

recordtypeはANYにすることで、すべてのDNSレコードを確認できます。

windowsの場合

nslookup -type=recordtype domain.com.

macの場合

macの場合は、digコマンドを使います。

dig -t recordtype domain.com.

オンラインでnslookupを実行する

コマンドラインからnslookupやdigを実行するのが面倒であれば、オンラインツールを利用できます。

DNSレコードは全てを確認できるわけではない

nslookupなどで確認できるのは、あくまでもドメイン単位での結果です。

サブドメインなどがAレコードで登録されている場合は、サブドメインを指定しないと結果が得られません。

例えば、example.comドメインに対して、sub.example.comというサブドメインがAレコードで登録されていた場合、サブドメインのAレコードを調べるには、次のようにしなければなりません。

nslookup -type=recordtype sub.example.com.

DNSレコードとしては共通なのですが、DNS lookupではサブドメインを直接指定しないとAレコードが確認できません。

お名前.comのSDサーバーの場合、以下のようなAレコードが登録されていますが、それぞれIPアドレスが異なります。

  • www.example.com
  • ftp.example.com
  • pop.example.com
  • smtp.example.com
  • imap.example.com

あらかじめこのようなサブドメインがあることがわからないと調べられません。

まとめ

DNSレコードを簡単に調べる方法をお伝えしました。

しかし、以下のような注意点があります。

サブドメインのAレコードのIPアドレスが異なっているにもかかわらず、複数登録されてているようなドメインでは、あらかじめサブドメインの存在を知らなければ、調べることができない問題があります。

この情報は役に立ちましたか? はい いいえ
参考なったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

サーバーソムリエのアバター サーバーソムリエ レンタルサーバー鑑定士

国内のあらゆるレンタルサーバーを使用、管理した経験があります。サーバー選びからWordpressを使ったサイト運営まで丸っとお任せください。あなた様のご希望にそった本当に使える最適なサーバーをご紹介します。

コメントを閉じる

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

この記事の内容