Xserverが今なら最大50%OFF! 2022年11月25日(金)12:00まで

WordPressの改ページ(ページ区切り)で2ページ目以降が404になる

この記事は約1分で読めます。
本文は約615文字です

WordPressの固定ページでページ区切りを使って、複数ページに分けた時に、2ページ目以降が404になる現象がありました。

原因は、固定ページのslugがカスタムタクソノミーのslugと同じになっているためでした。

固定ページのslugを変更することでページネーションが正常に動作するようになりました。

固定ページにページネーションがある場合、そのパーマリンクは以下のようになります。

1ページ目:/slug/
2ページ目:/slug/2/
3ページ目:/slug/3/
4ページ目:/slug/4/

もし、カスタムタクソノミーが同じslugだった時にそのタクソノミーのターム(xxxx)のアーカイブページは以下のようなパーマリンクになります。

1ページ目:/slug/xxxx/
2ページ目:/slug/xxxx/2/
3ページ目:/slug/xxxx/3/
4ページ目:/slug/xxxx/4/

つまり、固定ページのページネーションの2ページ目以降は、カスタムタクソノミーのタームアーカイブの1ページ目と区別がつかないので、2ページ目や3ページ目のパーマリンクでは、2や3のタームのアーカイブページを表示しようとして404になってしまいます。

これを避けるためには、固定ページのslugはカスタムタクソノミーのslugと異なるようにしてあげれば、良いことがわかると思います。

参考なったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サーバーソムリエのアバター サーバーソムリエ レンタルサーバー鑑定士

国内のあらゆるレンタルサーバーを使用、管理した経験があります。サーバー選びからWordpressを使ったサイト運営まで丸っとお任せください。あなた様のご希望にそった本当に使える最適なサーバーをご紹介します。

コメントを閉じる

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

この記事の内容