Xserverが今なら最大50%OFF! 2022年11月25日(金)12:00まで

属性型JPドメイン(co.jp)をさくらサーバーへドメイン移管する手順

この記事は約2分で読めます。
本文は約1251文字です

zenlogic管理の属性型JPドメインを『さくらサーバー』へドメイン移管する機会がありました。

属性型JPドメインの転出にAuthcodeが必要になってから、初めての属性型JPドメインの移管だったので、その時の手順をまとめておきます。

この記事の内容

さくらサーバーでは属性型JPドメインは指定事業者変更手続きにて移管(転入)する

汎用JPドメインの場合は、以下の2種類の手続きの方法があります。

  • ドメイン単位で指定事業者を移す「移転」手続き
  • 登録者番号単位で指定事業者を移す「指定事業者変更」手続き

属性型JPドメインは、指定事業者変更のみです。

ドメイン移管ではないので、指定事業者変更の転入費用は無料です。

属性型JPドメインはAuthcodeが不要で、簡単に指定事業者の変更ができたのですが、現在はAuthcodeが必須となっています。

属性型JPドメインであっても、移転元でAuthcodeを入手できます。

移転元でのドメイン転出手続き

Authcodeを入手できるようになるまでの手順は移管元ごとに異なります。

ビジネス系のレンタルサーバーの場合は、ドメインを解約しないと転出できない場合が多く、その場合は解約後にAuthcodeを入手できます。

また、ドメイン移管する機能を持たないレンタルサーバーもあり、その場合は別サービスに管理を移してからドメイン移管する必要があります。

そのような例として、zenlogicがあり、zenlogicはドメイン取得できますが、ドメイン移管する機能がありません。zenlogicは、ドメイン移管する場合はドメインを解約後、Doレジにドメインの管理が移り、ドメイン移管などの作業が行えるようになります。

あくまで、zenlogicのドメイン管理を解約するのであって、ドメインを解約するわけではありません。

移転先:さくらサーバーでの転入手続き

公式サイトのマニュアルに移転の手続きは全て書かれています。

フォームから申請を行えば、ドメイン移管完了のメールが来るように書かれていますが、実際は違います。

JPドメインでもAuthcodeが必要になったため、ドメイン転出の確認メールが来るようになっています。それを承認しないとドメイン移管が完了しません。

ドメイン転出の確認メールが来て承認すると、1日でドメイン移管が完了します。

まとめ

属性型JPドメインのドメイン移管にはAuthcodeが必須となりましたが、手順が大きく変わったわけではありません。

移転元ではAuthcodeを入手、移転先ではAuthcodeを入力、移転元から移転の確認メールが来るので承認する、という流れになっています。

属性型JPドメインの場合は、Whois情報公開代行などはないので、ドメイン移管が終われば基本することはありません。

この情報は役に立ちましたか? はい いいえ
参考なったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サーバーソムリエのアバター サーバーソムリエ レンタルサーバー鑑定士

国内のあらゆるレンタルサーバーを使用、管理した経験があります。サーバー選びからWordpressを使ったサイト運営まで丸っとお任せください。あなた様のご希望にそった本当に使える最適なサーバーをご紹介します。

コメントを閉じる

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

この記事の内容