Xserverが今なら最大50%OFF! 2022年11月25日(金)12:00まで

エックスサーバーからエックスサーバーへサイトの移転はなぜ面倒?回避方法はある?

この記事は約3分で読めます。
本文は約2026文字です

エックスサーバーはシェアNo1のサーバーです。その理由は、性能や安定性が抜群なのに料金は良心的なことだと思います。

エックスサーバーは人気のサーバーですので、サイトの売買でサイト譲渡してもらう時にも譲渡元がエックスサーバーのサイトで、譲渡先もエックスサーバーというケースが当然増えてきます。

1つのサーバーにサイトが複数あり、一つのサーバーではリソースの問題が出てきたから追加でエックスサーバーを契約し、別のサーバーにサイトを移したいなど、人気のサーバーだからこそ同一サーバー間でサイトの移転が発生する場面が多いです。

エックスサーバーに限った話ではないのですが、同一サーバーでのサイト移転を行う時は意外な盲点があるのをご存知でしょうか?

エックスサーバーでは、同一サーバー間でサイトの移転を行う時には、移転元から一度ドメインを削除しないと、移転先のサーバーにドメインを追加できません。

エックスサーバーでサーバーからドメインを削除するということは、サーバーからデータが完全に消えてしまいます。

また、移転先でドメインを追加する時に再度ドメインが有効になるまでの待ち時間が発生しますので、サイトの表示ができない時間が数時間単位で発生します。

この記事では、同一サーバー間でサイトを移転する時になぜ、ドメインを削除する必要があるのか?ドメイン削除しないで移転する方法についてお伝えします。

この記事の内容

なぜエックスサーバーでは他のエックスサーバーに同じドメイン追加できないのか?

エックスサーバーにはネームサーバーがあります。

エックスサーバーのネームサーバーこちらです。

  • ns1.xserver.jp
  • ns2.xserver.jp
  • ns3.xserver.jp
  • ns4.xserver.jp
  • ns5.xserver.jp

このネームサーバーには、すべてのエックスサーバーに登録されているドメイン名とIPアドレスの対応が書かれています。

この対応が最初に書き込まれるのはエックスサーバーのサーバーにドメインを追加したタイミングです。

別のサーバーでドメインが追加されていると、ネームサーバーに既にドメインが登録されているので、その時点で蹴られてしまうのです。

もし、別のエックスサーバーにサイト(ドメイン)を移転しようとすると、ネームサーバーにあるドメイン名とIPアドレスの対応を書き換える必要があります。

なぜ、登録済みのドメインは他のサーバーで登録できないのか?

もし、エックスサーバーで公開されている他人のドメインを自分のサーバーに追加したときに問題なく追加出来てしまったら、他人のドメインのIPアドレスが書き換わってしまいます。そんなことがあってはいけません。

エックスサーバーからドメイン削除できるのはそのサイトの持ち主だけです。そのような仕組みにすることで、混乱が起きないようになっています。

ネームサーバーの情報を書き換えることはできる?

エックスサーバーは、ネームサーバーにあるドメインとIPアドレスの対応を書き換える方法が用意されていません。

一度、ネームサーバーから情報を削除するしかありません。

情報を削除するためには、サーバーからドメインを削除する必要があります。

カラフルボックスはドメイン削除する必要はありません。

移転元からドメインを削除すると起きること

  • ドメインに関連するファイル一式(メールも)丸ごと削除されます。
  • DBは削除されません。
  • ネームサーバーからドメインとIPアドレスの対応情報が削除されます。
  • バックアップなども削除されます

ダウンタイム無しでエックスサーバーから他のエックスサーバーにサイトを移転するには?

エックスサーバー以外の別のサーバーを経由して移転する

ダウンタイムを無くすには、移転先をエックスサーバー以外にすれば大丈夫です。

例えば、ロリポップやさくらサーバーなど中間サーバーを経由して、移転するケースを考えてみます。

  1. まず、エックスサーバーにあるサイトを中間サーバーに移転します。
  2. 次に、移転元のエックスサーバーからドメインを削除します。
  3. その後、中間サーバーから移転先のエックスサーバーに移転します。

まとめ

エックスサーバーから別のエックスサーバーにサイトを移転する時は、移転元のサーバーからドメイン削除は必須です。

その作業の影響で、サイト移転時にダウンタイムが発生しますので、ダウンタイムを避けたいサイトの場合は別の方法が必要になります。

その方法として、中間サーバーを経由する方法をご紹介しました。

この情報は役に立ちましたか? はい いいえ
参考なったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サーバーソムリエのアバター サーバーソムリエ レンタルサーバー鑑定士

国内のあらゆるレンタルサーバーを使用、管理した経験があります。サーバー選びからWordpressを使ったサイト運営まで丸っとお任せください。あなた様のご希望にそった本当に使える最適なサーバーをご紹介します。

コメントを閉じる

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

この記事の内容