Xserverが今なら最大50%OFF! 2022年11月25日(金)12:00まで

wp CLIを使ってDBインポートする時にうまくいかなかった時の対処方法

この記事は約2分で読めます。
本文は約942文字です

エクスポートされたDBファイルをSQLサーバーにインポートする一番簡単な方法は、wp cliを使うことです。

wp-config.phpを読み取ってインポートしてくれるのでSQLファイルを指定するだけでインポートできるので、とても簡単です。

さくらサーバーからエクスポートされたSQLファイルをXserverにインポートしようとした時に、警告メッセージが大量に表示されて、上手く取り込めませんでした。

その時の対処方法をまとめておきます。

wp cliでデータベースをインポートするには?

以下のコマンドでインポートできます。

wp db import [sql file]

ですが、インポートする際にtable_prefixが、例えば”wp_”のように同一の場合、既存のテーブルの上書きになりますので、上書きできない場合に警告が出るケースがあります。

上書きされないとインポートに成功していてもデータは更新されません。

wp db importで既存のテーブルを強制的に上書きするには?

調べた限りでは、wp db importで対応するのではなく、既存のテーブルを全て削除するコマンドがありました。

wp db resetです。

Runs DROP_DATABASE and CREATE_DATABASE SQL statements using DB_HOSTDB_NAMEDB_USER and DB_PASSWORD database credentials specified in wp-config.php.

wp db importの前に、wp db resetを実行すると、警告が発生することなくインポートできました。

まとめ

DBの操作はwp cli を使うのが便利です。wp cliはwp-config.phpを読み取るので、インストールしたwordpressに関連したDBのみを操作できるのが簡単な理由です。

もちろん、mysqlコマンドでも同じことができますが、コマンドラインのオプションを複雑に指定する必要があり、操作性は悪いです。

参考なったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サーバーソムリエのアバター サーバーソムリエ レンタルサーバー鑑定士

国内のあらゆるレンタルサーバーを使用、管理した経験があります。サーバー選びからWordpressを使ったサイト運営まで丸っとお任せください。あなた様のご希望にそった本当に使える最適なサーバーをご紹介します。

コメントを閉じる

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

この記事の内容