Xserverが今なら最大50%OFF! 2022年11月25日(金)12:00まで

プラグインが使えない?データベースが数十GBあるサイトをサイト移転するには?

この記事は約3分で読めます。
本文は約1570文字です

通常のサイトでは、データベースはそれほど大きくならないのですが、中にはデータベースが巨大なサイトというのがあります。

データベースのSQLファイルが40GB程度あるサイトの移転で、サイト移転用のプラグインを使ってみたのですが、思うような動きをしてくれませんでした。

この記事は、数十GBを超えるデータベースがあるサイトを移転する時にはプラグインを使わない方がストレスが少ないというお話です。

プラグインを使ってデータベースをエクスポートした場合

All in One WP Migrationを使った場合

データベースのエクスポートが異常に遅く、7%ぐらいからなかなか進まない。終わる感じがしない。

SQLデータをダンプする際に何か処理をしている影響だと思いますが、異常に遅い。

いつ終わるかわからないので、却下です。

Updraft plusを使った場合

データベースだけバックアップを取ってみました。

いつものように進捗状況は表示されず、処理が終わってしまいました。

wp-content/updraftを見ると、ファイルは出力され続けており、バックグラウンドでは処理が続いているようでした。

ただ、小さいファイルが何百と出来ており、上手くダンプできているのか謎でした。

これも却下です。

サーバーの負荷が異常に高まる可能性があるのでプラグインは使わない方がよい

巨大なデータベースがあるサイトを移転する際に、有名なプラグインを使って分かったことは、

  • 処理に異常に時間がかかること
  • 正常に処理が終わったのかわからない
  • 処理が終了するまでサイトの表示が固まる
  • サーバーの負荷が急激に増えること

です。

長時間、サーバーの負荷が高い状態で、サイトの表示がされないのは困ります。

また、長時間かかってエクスポートできたとしても、まともにファイルが出来ているのか確認ができません。

mysqldumpを使った方が早い

phpMyAdminを使う方法もありますが、GUI経由だとサーバーの制約の影響を受ける可能性もあり、不安がありますので、コマンドラインで処理する方が安全です。

SSHが使える環境であれば、mysqldumpを使えば、大きなDBでもエクスポートできます。

SSHが使えない場合は、PHPのsystem関数からmysqldumpを呼び出すようにしてもいいでしょう。

当然、移転先でもsqlファイルをコマンドラインでインポートすることになります。

ベストプラクティスは?

wp cliが使えるのであれば、wp db exportが簡単ですね。

wp cliが使えない場合は、mysqldumpでDBファイルをエクスポートします。

その後、ファイル一式をtarで固めてファイルを転送します。

ファイルが巨大になるので、wgetなどを使う方がよいですね。

転送先でファイル一式を展開し、sqlファイルをインポートすれば移転完了です。

まとめ

プラグインで自動で取得したバックアップファイルが溜まっていて巨大なサイトというのはよくあります。

その場合は、ファイルが大きいだけですし、除外すれば影響は無いのですが、データベースが巨大な場合は、巨大なsqlファイルをエクスポートしないと絶対に移転できません。

プラグインでエクスポートする場合は、サーバーの制約を受けますので、サイトの表示に影響がでてしまうこともあります。

そうならないためにも、SSHを使ってコマンドラインですべて処理する方がよいですね。

参考なったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サーバーソムリエのアバター サーバーソムリエ レンタルサーバー鑑定士

国内のあらゆるレンタルサーバーを使用、管理した経験があります。サーバー選びからWordpressを使ったサイト運営まで丸っとお任せください。あなた様のご希望にそった本当に使える最適なサーバーをご紹介します。

コメントを閉じる

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

この記事の内容