お問い合わせ

SWELLの利用者が急増している理由は?イマイチな点も説明

  • URLをコピーしました!

この記事は約8分で読めます。
本文は約4726文字です

WordPressテーマのSWELLはブロックエディタ対応を謳ったテーマとして人気があります。

SWELLは決して安いテーマではありませんが、最近SWELLのサイトをとてもよく見かけます。

個人的にSWELLがなんで人気があるのか思うところをまとめてみました。

  • SWELLの利用者が急増している理由は?
  • SWELLはなぜ人気がある?
  • SWELLのダメなところは?
記事の内容

〇 SWELLが人気の理由

〇 テーマに清潔感がある

SWELLはシンプルでデザインに清潔感があり、古さを感じません。

企業ブログなどでも使いやすいデザインだと思います。

シンプル・清潔感・高級感があるテーマなので、今のデザインがイマイチだなマンネリだなと思っている個人サイトの人は、テーマを変更したい思う人が多そうです。

〇 欲しい機能がテーマに組み込まれている

SWELLはゴリゴリカスタマイズする必要がありません。

例えば、他のサイトでこれってどうやってるんだろう?と思うような便利そうなものは既にテーマに組み込まれてたりします。

しかも、簡単に設定で切り替えられるようになっているので誰でも使えるようになっています。

〇 テーマを移行しやすい仕組みがある

テーマを変更すると、変更前テーマの専用機能のものは表示されないのが普通です。それが理由でテーマの変更を躊躇している人は多いです。ブロックエディタ導入前であればショートコードを移植すればどうにかなったのですが、ブロックエディタが導入されてから、テーマ専用ブロックを使った記事はCSSが無いのでデザインが崩れてしまう問題点がありました。

この問題は、記事が多い場合はブロックを手で置き換えていくしかなく、テーマ変更の効果と作業量を天秤にかけることになります。

ブロックの一括置換などもテキスト処理で出来なくはないですが、出来るものと出来ないものがありそうです。

SWELLではそのような問題を無くすため、他のテーマから移行しやすいように移行プラグインが用意されています。これは結構珍しい取り組みだと思います。

他のテーマのショートコードの呼び出しや、他テーマ専用ブロックのCSSなどをSWELLから呼び出すことで、デザイン崩れを最小限に抑えているようです。

〇 複数サイトで使用できる

100%GPLのテーマが最近流行りです。100%GPLで有名なのはSnowMonkeyですが、SWELLもGPL100%です。

よく有料のテーマで「1サイト1ライセンス」など使用回数に制限があったり、再配布の禁止が利用規約にある場合がありますが、あれは100%GPLではなくスプリット・ライセンス(PHPはGPL、CSS・画像・JSはGPLではないライセンス)のテーマです。

100%GPLのテーマには以下の特徴があります。

  • 複数サイトで使用しても問題ありません(ライセンスがある場合でも使用制限はない)。
  • テーマをそのまま、改変して転売しても問題ありません。(ただしGPL100%は継承しなければならない

複数サイトを運営している人でブログ系のサイトは使いまわし自由なことから、SWELLに統一している人が多いと思います。

〇 ブロックエディタの対応が進んでいる

SWELLの一番の特徴だと思いますが、ブロックエディタが使いやすいです。記事を書くのが楽しいというのはSWELLのことだと思います。

SWELL専用ブロックも魅力の一つではありますが、個人的に気に入ってるのはテキストを書いて装飾するのにストレスが無いことです。これはCocoonも同じ良さがあります。

〇 ユーザーの使いやすさを考えた機能が多い

SWELLを使っていると当たり前のように感じている機能が他のテーマに無いものがあります。

例えば、以下の2つは他のテーマにはなく、プラグインでも対応できません。

  1. ブロックエディタの『投稿を表示』リンクが地味に追加されていたりします。
  2. ブロックエディタのタイトル文字数を表示できるのも他のテーマにはない機能です。

あと、スマホで目次をモーダルウィンドウで表示できるのもありがたいです。実はスマホの時には、TOPに戻るボタンは不要で本当に必要なのは目次ボタンだったりします。

〇 利用者が多いのでカスタマイズ情報が豊富にある

利用者が多いと、自然とカスタマイズ情報や使い方の記事がネットに溢れます。検索すると公式もしくは、公式以外の情報が見つかるので使い方で困ることが殆どありません。

SWELLはアフィリエイトがあるので、テーマのレビュー記事や解説記事があふれています。

✖ SWELLのイマイチなところ

✖ SWELLとすぐにわかるデザイン

SWELLはデザインが良いという話がありますが、デザインに特徴があるので、『このサイトSWELLだな』とテーマ所有者にはすぐにわかってしまいます。

特徴的なのはモバイルのハンバーガーメニューのデザインがどのサイトも同じになってしまうことですね。ハンバーガーメニューを開くと『SWELLなのね』という感じです。

テーマ利用者が増えてきてGPL100%でサイトが量産されてくると、SWELLのデザインにも飽きが来て、他のデザインが良く見えてくると思います。

✖ テーマの価格が高い

個人的にはSWELLは買い切りでGPL100%ライセンスであり、高くない値段設定だと思います。しかし、他の有料テーマと比べると高めの価格設定になっているのは事実です。

複数サイトを運営してテーマを使いまわしている人やアフィリエイトで収益がある場合はテーマ料金も気にならないかもしれません。しかし、初心者でサイトを1つしかもっていない人には高く感じる値段設定かなと思います。

個人サイトはサイトからの収益が得られるまで時間と忍耐が必要です。テーマ料金を回収できる人はどれほどいるでしょうか?

✖ ライセンス認証が面倒

以前は、ライセンス認証しなくてもSWELLはテーマのバージョンアップができました。SWELL ver2.5.5以降はドメインごとにライセンス認証しないとテーマのアップデートができなくなりました。

ライセンス認証自体は単純で簡単な作業なので大した話ではありません。しかし、私の場合は、一つのサイトのデータをコピーして複数サイトを作る時に、ドメインごとに毎回認証しなければならないのが結構面倒に感じています。

最近以下のような悪質な行為が増えてきてしまいました。
・格安転売や、SWELLの導入と設定を格安で請け負うような、実質格安転売と同じような行為
・SWELLの無料配布を謳い文句にして自身のサロン・コンサルへ勧誘したり情報商材を売りつける行為
・自身の購入したSWELLを使用してサイトを制作する際に、クライアントに「購入者限定」の情報を共有する行為
こういった行為への対応策として、やむなく今回の認証システムを導入することとなりました。

https://swell-theme.com/basic-setting/8974/

悪質行為と書かれてる内容は、テーマがGPL100%なので何ら問題はない行為だと思います。悪質かどうかは主観の問題です。

作者が期待しない行動がとられたことに対して、作者がライセンスが無いとテーマアップデートできない機能を追加したことも、GPL100%に従ったものであれば、何ら問題ないと思います。

✖ フォーラムが初心者に厳しい

買い切りライセンスなのでフォーラムにコストをかけられないのは仕方ないのですが、SWELLのフォーラムはあまり初心者に優しいイメージがありません。SWELLと直接関係ない内容に対してはさらっと流されてしまうようです。その対応がたらい回しのように感じる人も多く、それに嫌気がさして他のテーマに切り替えた人も何人も知っています。

✖ 目次がjavascriptのためCLSが悪化

SWELLは記事先頭の目次をjavascriptで生成しています。

あまり話題になっていませんが、記事先頭の目次がjavscriptで作られているテーマだとCLSの悪化要因になります。ページが表示されるまで目次の領域は高さ0ですが、javascriptで目次が作られた後に目次の下のコンテンツが下にシフトするためです。

Snowmonkeyでも同じようにjavascriptで目次が作られているので、同じようにCLSが悪化する問題があります。

ファーストビューに目次が表示されていなければCLSの問題は起きませんので、アイキャッチ画像や目次前のテキストを増やすなどの対策でCLSの見た目の数値は改善できます。

PHPで目次を生成するプラグインやテーマを使用すればCLSの問題はなくなりますが、目次生成は結構重い処理になりますので、サイト表示高速化の観点では、javascriptの方が向いているのかもしれません。

Cocoonは、目次生成処理がPHPなので目次に起因したCLSは発生しません。

SWELLフォーラムで同様な質問が出ており、PHPの目次に移行するような言及がテーマ作者よりありましたが、現時点(2022年6月)でPHPの目次生成には切り替わっていません。

目次の生成は今はスクリプトでやってるのですが、PHP側からやる方式に切り替えてみるのを検討してみます!

CLSについて(目次の表示/非表示) < SWELLに関する質問

✖ SNS count cahceに対応していない

SWELLは、SNSシェアボタンにシェア数を表示するSNS count cacheプラグインに対応していません。

CocoonSnowMonkeyにはテーマとしてSNSシェア数を表示する機能があり、SNS count cahceがインストールされている場合は、プラグインの値を参照して表示してくれます。

SWELLにはSNSシェア数を表示する機能がそもそもありません。

また、SNSシェア数をSNS count cahceを使って表示させてほしいという要望がフォーラムでも上がってましたが、スルーされていました。

まとめ

この記事では、個人的にSWELLに対して思うところを書いてみました。

SWELLとは、主にCocoonやSnowMonkeyの優れたところ、他の有料テーマの良い点を取り入れ、デザイン性を加えたテーマだと思います。

私はSWELLの熱狂的信者とは違いますが、多くのテーマを実際に使用、カスタマイズしてきた中で、公平に見てもSWELLは完成度が高くおススメなテーマの一つです。だから購入して使っています。

SWELLの利用者が増えている理由は5つです。

  1. 単純に他よりも優れたテーマである
  2. デザインにこだわりのない企業系のブログで採用されるほどの完成度
  3. トレンドを意識した機能が組み込まれている
  4. 他のテーマからの乗り換えが簡単である
  5. GPL100%で使いまわし自由なため、複数のサイトを持つ人は複数サイトで利用
記事が参考なったらシェア!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

国内のあらゆるレンタルサーバーを使用、管理した経験があります。サーバー選びからWordpressを使ったサイト運営まで丸っとお任せください。あなた様のご希望にそった本当に使える最適なサーバーをご紹介します。

コメント

コメントする

目次
TOPへ
記事の内容
閉じる