Xserverが今なら最大50%OFF! 2022年11月25日(金)12:00まで

レンタルサーバーの無料バックアップ機能比較

この記事は約5分で読めます。
本文は約2807文字です

レンタルサーバーのバックアップ機能は、サイトのデータが消えたり、ハッキングでサイトが改ざんされるなど不測の事態が起きた時に頼りになる機能です。

レンタルサーバーのバックアップ機能は、データベースのバックアップは取得・復元は無料だけどサーバーのファイルは復元するのは有料の追加オプションということが多く、復元するのは結構高額でした。レンタルサーバーのディスク容量が増えてきたのでバックアップを取るとその何倍も容量が必要になるからだと思います。

そのため、自分でプラグインを使ってサイトのバックアップを取るというのが一般的でした。

しかし、Xserverがバックアップがついに無料化したため、現在ではほとんどのレンタルサーバーのバックアップ機能が無料で使えるようになりました。ありがたいことです。

サーバーの自動バックアップが必須な理由

サーバーの自動バックアップは、誤操作や不正アクセスなどでサイトが壊れてしまったとき、万が一の時に簡単に復旧できるため大変頼りになる機能です。

最近ではマルウェアやハッキングなどでサイトの改竄が行われてしまうケースが多発しています。

最悪のケースではサイトのファイルを丸ごと消されてしまうこともあります。プラグインなどでバックアップを取っていてもそのファイルごと消されてしまえば、戻すことは出来ません。

セキュリティ対策はどんなにしても穴がありますので、完全ということはありません。

そんな時に、サーバーの自動バックアップがあれば、簡単に復元することができます。

国内サーバーのバックアップ機能が無料開放されたきっかけ

2016年にmixhostは自動バックアップ無料サービスを提供開始しました。

2018年にサービスをスタートしたConoha Wingはリリース当初から自動バックアップ14日間が無料でした。

さくらインターネットも2018年からバックアップを無料で取れるようになりました。

この流れに脅威を受けたのか、2021年9月末からXserverのサーバーバックアップ機能がついに無料になりました。その流れを受けて、他のサーバー会社もサーバーの自動バックアップを無料化せざる負えなくなり、いまでは自動バックアップが有料のサーバー会社はほぼありません。

バックアップの取得は14日間がスタンダード

スクロールできます
レンタルサーバー名バックアップ
対応状況
バックアップ
利用料金
バックアップ
取得期間
バックアップ対象
ConoHa WING全プラン標準対応無料過去14日分(1日1回バックアップを自動取得)Webサイト、メール、データベース
Xserver全プラン標準対応無料過去14日分(1日1回バックアップを自動取得)WEBサイト、メールは過去7日分、データベースは過去14日分
お名前.comレンタルサーバー(RSプラン)無料過去14日分(1日1回バックアップを自動取得)Webサイト、メール、データベース
mixhost全プラン標準対応無料過去14日分(1日1回バックアップを自動取得)Webサイト、データベース
ロリポップ!ハイスピード、エンタープライズ無料(復元は有料)スケジュール機能でバックアップ頻度を自由に設定Webサイト、データベース
さくらレンタルサーバースタンダードプレミアムビジネスビジネスプロマネージド無料スケジュール機能で設定、スナップショット8個スナップショット(Webサイト、データベース)
VALUE SERVERビジネスプランのみ無料過去15日分(1日1回バックアップを自動取得)Webサイト、メール、データベース
カラフルボックス全プラン標準対応無料過去14日分(1日1回バックアップを自動取得)Webサイト、データベース
レンタルサーバーのバックアップ機能比較

よくある質問

レンタルサーバーの無料バックアップ機能とは何ですか?

レンタルサーバーの無料バックアップ機能とは、サーバー上のデータを定期的に自動的にバックアップする機能のことです。これにより、サーバー上のデータを失った場合でも、バックアップファイルからデータを復旧することができます。

レンタルサーバーの無料バックアップ機能にはどのような種類がありますか?

レンタルサーバーの無料バックアップ機能には、自動バックアップ、手動バックアップ、差分バックアップ、全量バックアップなどがあります。

自動バックアップと手動バックアップの違いは何ですか?

自動バックアップは、レンタルサーバー上のデータを定期的に自動的にバックアップする機能です。手動バックアップは、必要なときに手動でバックアップを実行する必要があります。

差分バックアップと全量バックアップの違いは何ですか?

差分バックアップは、前回のバックアップ以降に更新されたデータのみをバックアップする方法です。全量バックアップは、すべてのデータをバックアップする方法です。

レンタルサーバーの無料バックアップ機能の保持期間はどのくらいですか?

レンタルサーバーの無料バックアップ機能の保持期間は、サーバー会社によって異なります。通常は1週間から1ヶ月程度の期間であることが多いです。

レンタルサーバーの無料バックアップ機能を利用するメリットは何ですか?

レンタルサーバーの無料バックアップ機能を利用するメリットは、データを失った場合でもバックアップファイルからデータを復旧することができるため、データの安全性が高まることです。

レンタルサーバーの無料バックアップ機能を利用するデメリットは何ですか?

レンタルサーバーの無料バックアップ機能を利用するデメリットは、保持期間が短い場合があるため、長期的にバックアップを保存したい場合は別途対策が必要であることです。

レンタルサーバーの無料バックアップ機能を利用する際の注意点は何ですか?

レンタルサーバーの無料バックアップ機能を利用する際の注意点としては、保持期間が短い場合があるため、長期的にバックアップを保存したい場合は別途対策が必要であること、自動バックアップを行っている場合でも、手動でバックアップを実行することが望ましい場合があることなどが挙げられます。

レンタルサーバーの無料バックアップ機能を利用する前に確認しておくべきことは何ですか?

レンタルサーバーの無料バックアップ機能を利用する前に確認しておくべきこととしては、バックアップの保持期間や頻度、バックアップファイルのダウンロード方法、手動バックアップの方法などが挙げられます。また、レンタルサーバー会社の利用規約にも目を通しておくことが重要です。

参考なったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サーバーソムリエのアバター サーバーソムリエ レンタルサーバー鑑定士

国内のあらゆるレンタルサーバーを使用、管理した経験があります。サーバー選びからWordpressを使ったサイト運営まで丸っとお任せください。あなた様のご希望にそった本当に使える最適なサーバーをご紹介します。

コメントを閉じる

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

この記事の内容